Menu

ギア大百科

投稿メニュー

コンテンツ

閉じる

> > クライミングシューズ 慣らし

クライミングシューズ 慣らし

web39

クライミングシューズは基本的に通常の足のサイズより小さめを履くのが基本。
普通のスニーカーなどでクライミングをしてみると分かるのですが、直ぐ脱げそうになるか、しっかりと力が入らなくて足が浮いた感じになります。
(わざとトレーニングの為にやってる人もいるみたい)
そこで、小さすぎて履いてられなかったり、伸びるまでが痛かったりするので何とかならないかな?と思いますよね。

しっかりと足型を作りたい場合

自宅にいる1時間弱程度履くようにする、はじめの一週間耐えたら、かなりバッチリ足型にハマるようになり、使い心地が最高になります。
もちろんその間もクライミングジムに2回〜3回2時間程度履くようにします。

きつくて痛いですが、純粋に足のサイズに合わせて伸びてくれるので、わたしはこの方法で伸ばしました。

なんでもいいから伸ばしたい場合

シューズを伸ばす器具(シューストレッチャー)を買って、伸ばす、この時にお湯などにつけると効果が早いです。
ただし、形が崩れたり、自分の足型にならなかったりと変な伸び方になってしまうことは覚悟してください。

シューストレッチャー

結論

クライミングシューズを買う時は、ショップスタッフさんに聞く、または、クライミングをやっている先輩に聞く、これが一番いいかもしれません。
クライミングシューズによっては足のサイズにあった物で履くクライミングシューズもあるので、ショップスタッフさんに教えてもらえるとベストですね!!

gear-accessories情報をみんなとシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


おすすめアイテム